忍者ブログ

The Gourmand Dishes  ぐるまん☆ディッシィズ

やたら大食いのGourmand(グルマン=カメ)とのんびりZzzzz...(グーグーまたはズーズーまたはガーガー=トカゲ)がココでは主役です 
忍者ブログ [PR]
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

:2017:08/16/21:53  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2008:08/07/03:34  ++  DOR

まずはこの海外サイトをご覧ください。

→ http://www.trachydosaurus.de/wild.html

これはマツカサトカゲが出身地オーストラリアの自然下で車などに轢かれ、命を失ったシーンです。

良く彼らは道に出て車の犠牲になっているという現地報告を聞いていましたが、写真を見るとより

惨い。動きが遅く、道をまたいでいる間にスピードを出した車のタイヤの餌食になってしまう。

ううう・・・

そもそも彼らはどうやって自然で生きているのかわかりませんが、飼育下ではなんと35年間生きたと

いう報告があるそうです。 もっとも情報が1950年~1960年のやつで、信憑性に欠けますが・・・。

でも本種で35年はすごい。

わたしのZzzzは是非ともレコードに挑戦して頂きたいです。

もっともこの部屋には危険なものは一切ありません。 彼らにとって高湿度が危険といえば危険でしょうが・・・

DOR(Dead on Road)はどんな動物でも惨いです。人間だったら轢き逃げですものね。
PR

無題

確かに現地ではこういう状況のようですね。
テグーもたまご泥棒と現地では歓迎されていません。
またテグーのシッポも食べるととか。
日本でも毎年たくさんの犬、猫が捨てられて・・・。
それもこれも仕方ないとは思いますが縁あってコーキキさんや私のところ、またブログのお友達のところで飼われている子達は幸せに暮らしてほしいと思っています。

  • :2008年08月07日木
  • +
  • +:アスパー
  • +

無題

野生のマツカサって結構アグレッシブに口をぱっくり開けた写真が多いようです。

うちのZzzzも最初は私にそうしてましたが、もうやらないです。

威嚇をしても巨大なタイヤには勝てません。むしろ、ドライバーも気がつかない場合が多いでしょう。
マツカサは結構よじ登る者もいますが基本は平面行動。
であれば、道に低い(40-50cm程度あればいいのでは)柵を設けて轢死事故が起こらないようにすればいいのに、と思います。 オーストラリアは動物に力入れてるというが・・・

  • :2008年08月07日木
  • +
  • +:コ―キキ
  • +

無題

2枚目の写真って、マダラアオジタですよね!?
 日本で言う、猫・狸みたいな感じなんでしょうか・・。それにしても酷いですね・・。

  • :2008年08月07日木
  • +URL
  • +:獅燕
  • +

獅燕さん

2枚目はマダラっぽいですね。 
結構な数が生息しているし、開発が進んで道にはみ出して・・・

実にいろいろなパターンの色がいますし、どれがレアとかないみたいです。 レッド、ホワイトとか日本では定義してますが、マツカサはマツカサ。
私は真っ黒でずんぐりが好きです。 

轢死はむごいし、唸りたくなる。苦笑

  • :2008年08月07日木
  • +
  • +:コ―キキ
  • +

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+